コウイカ(スミイカ)【墨烏賊】

コウイカ(スミイカ)【墨烏賊】 イラスト:小倉 隆典
  • 分 類コウイカ目コウイカ科コウイカ属
  • 学 名Sepia esculenta
  • 英 名Golden Cuttlefish
  • 別 名コウイカ、マイカ、ハリイカ

釣りシーズン ベストシーズン 釣れる

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

分類・分布

D2137c31 e0ea 44a6 b494 773cdf254951

スミイカの正式な和名は「コウイカ」で、スミイカはイカ墨を多く持つことに由来する呼称。コウイカ科のイカのなかでもっとも普通に見られる種である。
同じコウイカ科で釣りの対象とされるものには、ほかにカミナリイカ(モンゴウイカ)、シリヤケイカ、コブシメなどがいる。
スミイカは、日本近海においては本州中部から九州、および中国大陸の沿岸、世界的には東南アジアからオーストラリア北岸にまで分布している。


特徴

外套長は約17㎝、外套幅は約9㎝ほどで、外套膜は背腹にやや偏圧されたドーム型となっている。外套の左右には全体に渡ってエンペラがある。
生きているときは、背面は雄は暗褐色に波状の横縞が顕著で、雌には定まった斑紋はない。エンペラの基部に沿って白線が走り、腹面は雄雌とも白色。外敵に遭遇したとき、逆にエサとなる相手に近づくときなどは、皮膚の色を周囲の色に似せるカムフラージュ能力をもつ。
ほかのイカ類同様、8本の触手と2本の触腕がある。通常、触腕は第3腕と第4腕との間のポケット状の部分に収納されているが、摂餌時などで触腕を伸ばしたときには、長さ約20㎝に達する。
また、コウイカ科のイカは、胴内に舟形の石灰質の甲羅をもつことが特徴だが、スミイカの甲羅は後端が鋭い針状の突起となっているので、別名ハリイカの名がある。甲羅は多孔質で通水性を持ち、浮きの役割を果たしている。


性質

Efbf4705 abdf 4edc 85e5 0a30482dc2b1

水深10~100m程度の砂泥底に棲息し、甲殻類、小魚、環状動物、軟体動物などを捕食している。エサ取りは巧妙で、周囲の色に同化して魚やエビなどを待ち伏せたり、そっと近づいたりして、触腕を素早く伸ばして吸盤でしっかりと捕える。
産卵期は初夏で、内湾に集まって海藻や沈木などに直径1㎝くらいのブドウの房状の卵を産みつける。卵の表面には砂泥がまぶされ、敵に見つかりにくいようにしている。1ヶ月ほどで孵化した仔イカは、ゴカイ、小型甲殻類、小魚などを食べて浅場で成長し、外套長10㎝ほどになり、水温が低下する時期になると深場へ移動する。年を越すと抱卵するようになり、春になると成熟し、産卵すると死んでしまう。したがって、寿命は通常1年間である。
下の写真は、水族館で飼われているコウイカの仲間(スミイカ、カミナリイカ、シリヤケイカ)たちだが、その動きをよく観察していると、彼らはつねに海底に隠れているエサを意識していることがわかる。エサを発見すると、その場でピタリとホバリングし、長い触腕を素早く伸ばして先端の吸盤でエサを捕らえる。


文化・歴史

スミイカという日本での呼び名は、豊富なイカ墨に由来する。そして、学名の「Sepia」は、かつて地中海地方においてイカ墨から採集した黒い顔料やイカ墨そのものを「セピア」と呼んだことから名付けられた。以前は、モノクロ写真にこのインクが使われていたが、色褪せしやすいために古くなると写真は茶色に変色した。このことから、色褪せた黒みがかった茶色のことを「セピア色」と呼ぶようになった。


釣り方

スミイカ釣りの遊漁船が出ているのは東京湾が主だが、スミイカは関東以南の各地に棲息しているためレンタルボートなどで楽しめる。ハイシーズン(釣りの盛期)は秋〜冬。
また、スミイカは岸壁や堤防などでも狙える。こちらの場合、好シーズンは春と秋。日中でも釣れるが、夕まづめ(日没後の薄明るい時間)以降になると足元まで回遊してくるため、よりヒット(エサやルアーに食付く)の確率は高くなる。
釣り方は、陸っぱり(岸からの釣り)ならエギング、船釣りならテンヤ仕掛け(鉛と針が一体の餌を付けて使う仕掛け)を使ったシャクリ釣り(竿をしゃくりあげて誘う釣り方)が定番だ。

【船釣り(テンヤ仕掛け)】

7981d25d e4b4 4ea5 9d4e f7301110205b

テンヤを使ったスミイカのシャクリ釣りは、秋~冬の東京湾における人気釣りジャンルのひとつ。関東以西でもレンタルボート(貸し船)やマイボート(個人所有の船)で楽しめるだろう。
竿はスミイカ専用竿が快適に使えるが、硬めのカワハギ竿やオモリ負荷(釣り竿に適したオモリの大きさ)30~50号の竿も流用できる。リールは両軸リール(糸を巻く部分が本体内にあり、それ自体が回転して糸を巻き取るリール)を使うベテランが多いが、スピニングリール(糸巻き部は回転せず、ラインローラーと言う部分が回転して糸を巻き取っていくタイプのリール)でも問題ない。
テンヤはスミイカ専用の20~30号を使用。ここにスミイカの大好物であるシャコをエサとしてセットする。また、遠くのイカにアピールさせるために、テンヤの上部30㎝ほどにスッテ(仕掛けに付けて使うイカ釣り用のルアー)や小型エギ(単体で使うイカ釣り用のルアー)をセットするのが人気となっている。
テンヤを確実に着底させたら、5~10秒間隔で鋭くシャクり上げて誘うのが基本。イカが乗る(餌に飛びつく)とズシン!と竿に明確なアタリ(イカが抱き着いた信号)が出るので、ミチイト(リールに巻かれた糸)をたるませないように一定のテンション(糸を張った状態)でリールを巻いてくる。

製品例
スッテ

【船釣り(エギ仕掛け)】

81b7d23c 57ea 4b56 8feb 7e5b7fac2241

エサのシャコが入手しにくいエリア(地域)では、小型のエギを使った釣りも行われている。その仕掛けは、アオリイカのシャクリ釣り同様に中オモリ(道糸と先糸の中間に付けるオモリ)を使ったもの。この中オモリは、水中での抵抗が少ない形状のものが使いやすい。エギはアオリイカ用の2.5~3号と小さめのものを流用。カラーはあまり気にしなくてもいいが、オレンジやピンクなどの比較的派手な色に実績が高い。
タックル(竿、リール、糸を含む道具一式)類もアオリイカ用が使えるが、シロギス竿や軟らかめのフグ竿といった穂先の感度に優れ、胴にある程度の張りがある竿なら十分に流用できる。
釣り方はエギをシャクることなく、底ダナ(底付近の魚の居る層)をキープしたままイカが抱きつくのを待つスタイル。微妙なアタリを察知したら大きくアワセ(針に掛ける)を入れよう。

【エギング】

79264fcb eb7e 4a5e 826f 0fba4c15e9b0

スミイカを堤防や岸壁から狙う場合は、アオリイカと同じエギング(エギを使うルアー釣り)スタイルで楽しめる。
ズル引き(底を引きずる釣り方)がメインの釣りなので、ロッドはエギング専用でなくても、ライトな(軽量な)投げ竿や磯竿、バスロッドなどでも代用可能。穂先の感度に優れシロギス竿なども使える。
エギの種類は、オレンジとピンクカラーの2.5~3号(約7.5~9㎝、号:寸=約3㎝)を用意しておけばOK。水深の深いポイントでは、エギの鼻先のスナップ(ワンタッチ開閉する接続金具)にナス型オモリ2~3号をセットすると、底取り(オモリを底につけて底を確認する)が容易になってより釣りやすくなる。
スミイカは砂地底に根がポツポツと点在している環境を好むため、まずはそうしたポイント(魚の居る場所)を見つけることが肝心だ。
釣り方は、エギをキャスト(投げる)したら確実に着底させて、ズルズルと海底を引いてくるのが基本。コウイカは海底のエサを意識しているため、エギをできるだけ海底から離さないように誘うのがコツだ。ただし、ときおり大きくシャクリ(魚を誘う為に竿をしゃくりあげる動作)を入れて周囲にいるコウイカにエギをアピールさせるのも非常に有効。コウイカの活性が高い場合は、海底からかなり離れたエギにも抱きついてくる。

・製品例
エギ

・詳しい釣り方
エギング入門(堤防からのイカ釣り)


料理

498d7230 89c3 4a1d b1bc 9dc4e670c9dc

スミイカの身は肉厚ながらも歯切れがよく、上品な甘みがあって、だれにも好まれる万人向きの味といえる。栄養価的には、脂肪分がほとんどなく、低カロリーで高タンパク。亜鉛を多く含むので、味覚神経の活性化にも優れている。また、イカ墨には抗がん作用、疲労回復、貧血予防、肝機能改善などの効用があるとされている。
スミイカの下ごしらえは、表面の皮を切るか下部から押し出すかして、まずは甲羅を取り除くことが必要。あとは、ほかのイカに準じた方法で脚と胴(頭)を切り離してさばけばよい。また、その名の通りイカ墨が非常に豊富なので、釣れたらすぐに活き締めしてなるべく墨を吐かせないようにし、さばくときには墨袋をきれいに取って料理に活用したい。
新鮮なものは刺身が最高。天ぷら、フライ、煮付け、焼き物などもおいしくいただける。
写真のイカ墨パスタも非常に美味。作り方はフライパンにオリーブ油、にんにく、赤唐辛子を入れて熱し、白ワイン、トマトの水煮、イカの身を炒め、イカ墨を入れてサッと火を通す。塩・こしょうをして、ゆであげたパスタをからめれば完成だ。

*監修 西野弘章【Hiroaki Nishino】
*編集協力 加藤康一(フリーホイール)/小久保領子/大山俊治/西出治樹
*魚体イラスト 小倉隆典
*仕掛け図版 西野編集工房
*参考文献 『週刊 日本の魚釣り』(アシェットコレクションズ・ジャパン)/『日本産魚類検索 全種の同定 中坊徹次編』(東海大学出版会)/『日本の海水魚』(山と渓谷社)/『海釣り仕掛け大全』(つり人社)/『釣魚料理の極意』(つり人社)

【つり百科の関連記事はこちら】

エギング入門(堤防からのイカ釣り)

アオリイカのまとめ(分類、分布、特徴、性質、文化・歴史、釣り方、料理

コブシメのまとめ(分類、分布、特徴、性質、文化・歴史、釣り方、料理

シリヤケイカまとめ(分類、分布、特徴、性質、文化・歴史、釣り方、料理

スルメイカのまとめ(分類、分布、特徴、性質、文化・歴史、釣り方、料理

ヒイカ(ジンドウイカ)のまとめ(分類、分布、特徴、性質、文化・歴史、釣り方、料理

ヤリイカのまとめ(分類、分布、特徴、性質、文化・歴史、釣り方、料理

ケンサキイカ(アカイカ、マイカ、ヤリイカ)のまとめ(分類、分布、特徴、性質、文化・歴史、釣り方、料理

カミナリイカのまとめ(分類、分布、特徴、性質、文化・歴史、釣り方、料理




ページTOPへ
釣果ナビ釣果ナビ